ページトップ

鎮守の森コミュニティ推進協議会

ひとりひとりが誇りを持って暮らせる

鎮守の森image

一般社団法人鎮守の森コミュニティ推進協議会は、
地域にとって古くから精神的な支柱である
鎮守の森やお祭り、
地域文化の再評価を通じ、
地域コミュニティ再生を支援しています。
その3つの柱が、
「鎮守の森自然エネルギーコミュニティ構想」
「鎮守の森セラピ(森林療法
「お祭りと地域文化の活性化支援」です。


お知らせ



私たちについて
一般社団法人鎮守の森コミュニティ推進協議会の概要


イメージ写真image

 鎮守の森コミュニティ推進協議会(略称:鎮守協)は、鎮守の森コミュニティ研究所(所長=京都大学こころの未来研究センター教授・広井良典)の研究成果を踏まえて、実践面から地域コミュニティを再生発展させていくことを目的に2014年に設立されました。なお、鎮守の森コミュニティ研究所は、鎮守の森と現代社会の新たな関わりを考えるシンクタンクです。
かつて日本では、地域やコミュニティの中心として神社やお寺がありました。現在でも全国に存在する神社・お寺の数はそれぞれ約8万1千、約8万6千にのぼります。あれほど多いと思われるコンビニの数も5万店弱なので、これは大変な数と言えます。これほどの数の“宗教的空間”が全国にくまなく分布している国はむしろ珍しく、戦後、急速な都市への人口移動と経済成長へのまい進の中で、そうした存在は人々の意識の中心から単に一時的にはずれていっただけなのです。
近年、地域コミュニティへの関心が高まる中で、こうした神社やお寺という、高度成長期に人々の関心の中心からはずれていった場所を地域の貴重な“社会資源”として再評価し、それを子育てや高齢者ケアなどの福祉的活動や、環境学習等の場として活用するという例が現れてきています。

事業イメージ図

以上のような関心を踏まえ、自然やスピリチュアリティ(物質的なものを超えた精神的価値)と一体になったローカル・コミュニティの拠点としての「鎮守の森」を軸として、自然エネルギーやケア、地域再生との関わりなど、現代におけるその新たな意義と可能性を、実践的な活動とともに探求していくことを目的としています。
具体的には、地域ならではの優位性のある事象や発展の芽となる事物、さらには固有の課題などを調査、分析して地域のみなさまと協働で改革を進めています。なお、2018年には社叢学会と連携して鎮守の森育成基金を設立、鎮守の森の保全育成や過疎地の神社の支援を行っています。なお、その活動原資は出光クレジットのカード会員様のご寄付を中心に、みなさまのご好意を集結したものです。


活動実績


水力発電セミナー

2016年12月~2017年2月

《経産省補助金事業》
島根県飯南町(飯南町より受託)

平成28年度水力発電事業化促進事業費補助金(地域理解促進)で、飯南町民に地域における水力発電事業への理解促進活動を展開。
地域における検討会(ミーティング)2回と小水力発電セミナー1回実施し、水力発電紹介パンフレットを作製した。地域住民の水力発電に対する理解が促進した。さらに、水力発電所に対する期待と不安を洗い出すことにより、課題の整理や解決の方向性の検討ができた。

つなげよう、支えよう

2016年4月~2019年3月

《環境省委託事業》荒川区・秩父市
「つなげよう、支えよう森 里川海」

荒川の恵みを生かす世代間交流プロジェクトとして「荒川区ふるさと絵本づくり」「秩父ふるさと絵本づくり」を地域の多世代の住民とともに展開した。これは環境省が取り組む自然環境保護推進を次世代に語り継ぐプロジェクトの一環であり、荒川の上流・秩父市と下流・荒川区で自然、歴史、文化、生活、仕事、遊び…などを絵本とし、それをツールに若い世代に語り継いでいくことを目的としたものである。

神社

2018年4月8日

明治神宮
セミナー&鎮守の森セラピー

2018年、参加者21名で実施。日常の喧騒から逃れて鎮守の森の静寂に包まれながらのヨガ、そして瞑想、昇殿しての正式参拝――聖なる環境で自分自身を振り返ることで、さまざまな感覚を体験することができた。加えて、一般の人には入れない鎮守の森エリアを、森林担当の技官に案内してもらい、明治神宮の杜の素晴らしさに直接触れることができたのは、大きな収穫だった。

鎮守の森セラピー

2017年6月3日

玉敷神社
鎮守の森セラピー

2017年加須市の藤まつりの際に、21名の参加で鎮守の森セラピーを実施。玉敷神社の創建は、第42文武天皇の御代、大宝3年(703年)と伝えられ、旧埼玉郡の総鎮守、騎西領48カ村の総氏神として「騎西の神明様」の通称で厚い信仰を集めていた。当神社の社叢は、400年を超える銀杏の大木や藤の巨木などがあり、鎮守の森セラピーの場所としては適しており、参加者のセラピー効果は良好だった。

イメージ写真

2015年7月~2016年2月

《環境省委託事業》
埼玉県皆野町日野沢地区

平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費補助金(地域における草の根活動支援事業)を受託。
日野沢川での小水力発電による地域再生を高校生からシニア世代までを巻き込んだ草の根運動としていくことを目的に、
「埼玉県立川の博物館見学会・小水力発電勉強会」
「三番瀬クリーンナップ作戦(学習会)」
「秩父華厳の滝のライトアップ支援」
「神楽の復活公演支援」を行った。

岐阜県中津川市護山神社

2014年11月~2015年2月

《環境省受託事業》
岐阜県中津川市護山神社

先導的な低炭素地域づくりに向けた環境省の平成26年度事業を受託。岐阜県中津川市の護山神社周辺で自然エネルギー開発のFS調査を行った。
具体的には、地元のみなさんとともに地域のエネルギー需要量調査や小水力発電設備設置の具体的計画作成したほか、護山神社の鎮守の森の植生調査を実施。日本固有種の存在を確認。地域の新たな魅力を発見した。


役員紹介


宮下 佳廣

会長

宮下 佳廣 農学博士

1944年函館市生まれ。1966年小樽商科大学商学部卒。同年出光興産株式会社入社、取締役、関係会社社長を経て2005年退職。2006年千葉大学園芸別科入学、大学院園芸学研究科修士課程から博士課程修了、2011年9月博士(農学)学位取得。博士論文テーマ「医療環境の変化に対応した病院緑化と患者・職員の意識の研究」。森林インストラクター・森林セラピストの資格取得。千葉大学法経学部福祉環境交流センター特別研究員。社会貢献活動として鎮守の森保全育成基金を設立。


広井 良典

理事

広井 良典京都大学こころの未来研究センター教授・
鎮守の森コミュニティ研究所所長

1961年岡山市生まれ。東京大学教養学部、同大学院修士課程修了後、厚生省勤務をへて96年より千葉大学法経学部助教授、2003年同教授。2016年より京都大学こころの未来研究センター教授専攻は公共政策及び科学哲学。著書に『定常型社会』(岩波新書)、『人口減少社会という希望』(朝日選書)、『ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来』(岩波新書)など多数。『日本の社会保障』(岩波新書)でエコノミスト賞、『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書)で大仏次郎論壇賞受賞。


会長 宮下 佳廣
専務理事 鳥海 翔
理事・事務局長 萩原 循
理事 広井 良典
成田 芳生、那須 守、中嶋 泰雄、脇屋 中行
監事 諸德寺 康素
技術顧問 松尾 寿裕(全国小水力推進協議会理事)

鎮守の森コミュニティ研究所

所長 広井 良典
副所長 宮下 佳廣
  特別研究員 松尾 寿裕(全国小水力推進協議会理事)

[主たるテーマ]

(1)鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想
(2)鎮守の森セラピー(鎮守の森・森林療法)
(3)祭りと地域再生・活性化

会員募集中

会   費正会員費/年5,000円 
賛助会員費1口/年100,000円 
協力会員費1口/年10,000円
会費払込先三井住友銀行 大塚支店 №2085810 
一般社団法人鎮守の森コミュニティ推進協議会 
シャ)チンジュノモリコミュニティスイシンキョウギカイ


地域再生や地元の活性化に関心のある個人、法人、団体の仲間を募集しています。定款第35条により、正会員、賛助会員は当協議会の事業に参加する権利を有します。

主な活動実績 

2014年3月 設立

5月 長野県栄村にて地域おこし協議
7月 稲毛浅間神社にて鎮守の森セラピー実施
8月 環境省「先導的な低炭素地域づくりFS調査」受託 
2015年
3月 環境省委託事業「草の根活動支援事業」(秩父・皆野町)採択
7月 ローカルサミットin高野山にて活動報告
8月 出雲大社相模分祠にて鎮守の森セラピー実施
11月 秩父華厳の滝「ヒーリングナイト」で小水力発電デモ&松尾貴臣コンサート実施
2016年
1月 法政大学キャリアデザイン学会で講演(宮下会長)
5月 玉敷神社にて鎮守の森セラピー実施
7月 秩父華厳の滝「ヒーリングナイト」参加
8月 Wood in Cultureで講演(宮下会長)
11月 常陸の国総社宮で鎮守の森セラピー実施
12月 伊勢神宮(指導神職研修)で講義
2017年
1月 秩父ふるさと絵本づくりキックオフ /島根・飯南町「小水力発電セミナー」
5月 玉敷神社・鎮守の森セラピー実施
7月 荒川区ふるさと絵本づくりキックオフ /埼玉・三峯神社・鎮守の森研修開催
11月 静岡・小國神社・事任八幡宮訪問
2018年
4月 鎮守の森セミナーin明治神宮実施
5•6月 ふるさと絵本読み聞かせ会(荒川・秩父)
7月 鎮守の森保全育成基金設立
9月 武甲山調査登山(未来フォーラム設立準備)
2019年
1月 陽野ふるさと電力㈱設立
2•3月 秩父/荒川ふるさと絵本完成発表会
8月 環境省受託事業「ふるさと絵本づくり」第3弾 小田原でスタート
10月 福島県で小水力発電事業アプローチ開始
12月 「秩父第二プロジェクト定峰川」スタート(水位計設置)

お問い合わせ

鎮守の森コミュニティ推進協議会は、鎮守の森保全・再生、お祭りの再生・活性化、地域文化の掘り起し・再評価、新たな地域名物の創生など、地域におけるさまざまなテーマをつないでトータルにコーディネートしています。
私たちの問題意識や活動に興味を持たれたみなさまからの忌憚のない意見やご質問を歓迎します。さまざまな場面での連携の可能性について関心のある方がいらっしゃれば、ご連絡いただければ幸いです。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
お問い合わせ内容

LINK


鎮守の森コミュニティ研究所

社叢学会

全国少水力利用推進協議会

陽野ふるさと電力株式会社

鎮守の森保全育成基金